ブロック塀

ブロック塀の倒壊は交通にも影響大

2018年6月に大阪府の北部を震源とする大きな地震が発生しました。

ニュースなどで映像を記憶している方もおられると思いますが、その時に学校付近のブロック塀が破壊されて人的な被害が発生して責任問題などについてもメディアで一時期騒がしくなっていました。

ブロック塀が壊れることによって今回のように人的被害が発生することも高いですが、壊れたブロック塀の欠片が道路に転がってしまうことで、道路が封鎖されてしまい、結果として災害救助のスピードに影響を与えるという二次的な被害も多いに可能性としては考えなければいけません。

上記のような影響を憂慮した国土交通省が、一般の建造物に設置してある塀についても安全点検を行うようにとの呼びかけを行っています。

ブロック塀の具体的な点検方法について

ここでブロック塀の具体的な点検方法について簡単に紹介しておきます。

実際に点検する場合にはお住まいの地方自治体などに問い合わせをしたうえで行った方が間違いがより少ないでしょうし安全に行えると思いますので、あくまでも知識として理解をしていただければと考えています。

点検項目は以下の6つに分かれています。

①高さ

ブロック塀の高さが2.2メートル以下であるかどうか。

②厚さ

ブロック塀の厚さが10㎝以上であるかどうか(塀の高さが2mから2.2mの場合には15㎝以上であるかどうか)。

③控え壁

ブロック塀の高さが1.2mを超える場合に、塀の長さ3.4m以下ごとに塀の高さの5分の1以上を突出した控え壁が存在しているかどうか。

④基礎(根入れ)

コンクリートのっ基礎があるかどうか。

⑤ひび割れ

ブロック塀にひび割れ・傾きがないかどうか。

⑥鉄筋

ブロック塀の中に鉄筋が入っているかどうか。

以上の6点が点検項目となっていますが、一般の方が行うことはなかなか難しいので、ブロック塀の状態が心配で点検を行いたい場合には専門家に依頼するなどして行う方がいいと思われます。