雨のドライブ

雨の日に安全運転をするには?

晴れている時の運転と雨の時の運転では安全運転を行うためには路面の変化もありますのでポイントが異なってきます。

ここでは雨の日の安全運転のポイントについて確認をしていくことにしましょう。

雨の日はスリップが多い

雨の日にもっとも多い事故がスリップ事故となります。

速度を落とさずにカーブ(コーナー)に進入した場合や、高速道路などで追い越しのために急加速を行った際に直線道路でスリップが代表的なものとなります。

他には、わだちの水たまりや濡れたマンホールの蓋でスリップするなど、晴れの日では予想していない場面でスリップするリスクが雨の日の場合では多くなることをまずは理解することが大切となってくるでしょう。

一番危険なのは雨の降り始め

雨の路面で一番危険なのは、雨の降り始めであるといわれています。

理由は雨によって路面にホコリや泥・アスファルトのオイルなどが浮き上がってくることによって、滑りやすくなるからです。

高速道路では、タイヤが水の上を走るような形となってハンドルやブレーキを操作してもクルマが操作不能となるハイドロプレーニング現象が起こることもありますので十分に注意して走行するようにしましょう。

レースを見たり実際にレースに参加している方であれば、雨の降り始めが最もレースでレーシングカーがコースアウトしたりスピンしたりする確率が高いのは理解されていると思いますので、実感としてあるのではないでしょうか。

歩行者や自転車の見落としにも注意

雨の日には、路面の変化に注意することはもちろん大切なことですが、歩行者や自転車の動きにも十分に気を配って運転することが大切となってきます。

特に雨の日の夜の時間では対向車のヘッドライトが重なってしまう部分で光が反射をしてしまい、あなたのクルマと対向車の間にいるはずの歩行者や自転車が非常に見えにくくなります。

また路面に溜まっている雨水にヘッドライトの光が乱反射をしてしまい、道路のセンターラインや信号前の停止線や横断歩道も見えにくくなりますので注意をして運転するようにしてください。

雨天時は予想以上に危険が多い

上記でも説明したように、雨の日は目に見える危険以外にも、目に見えない危険の度合いも晴れている日よりも高くなってきますので、事業でクルマを運転しているドライバーの方や会社の関係者は普段でも運行には注意をしているとは思いますが、雨の日には普段以上に神経を研ぎ澄ませて注意をしなけれはいけないとうことになります。

目に見える危険と目に見えない危険があることを意識したうえで、危険予知を行ったうえで、速度を抑えて十分な車間距離を取ることが雨の日の安全運転では重要なことであるといえるでしょう。