エアバック

会社のクルマのエアバッグは大丈夫??

日本の自動車関連企業であり、シートベルトやエアバッグを世界中の自動車メーカーに納入しているタカタのエアバッグで大きな事故が起こったことを記憶している人もいるでしょう。

結果的にタカタはアメリカなどで多額の賠償金を支払わなくてはいけなくなり、タカタ製エアバッグを使用しているクルマはメーカーが回収して無償交換をするようになっています。

その流れを受けてですが、国土交通省は2018年の5月より、タカタ製のエアバッグのリコール対象であり、エアバッグが異常破裂する危険性が高いと予想されている未改修の車両については、車検を更新しないという特例的な措置を実施することになっています。

どの車が対象となるかは、それぞれの自動車メーカーのwebサイトにて公開されていますので、そこで確認をいただきまして、必要であれば早急に対策をしていただければと思います。

エアバッグの改修を行なった後で車検を受ける必要がありますので注意をしてください。

会社で使用するトラックにはタカタ製のエアバッグが使用されていなくても、社用車として使用しているクルマで異常破裂する可能性の高いエアバッグが使用されている危険性もありますので、一度チェックをしていただければと思います。