高速道路の制限速度

3月1日より新東名高速道路と東北自動車道の一部で制限速度が120㎞/hに

現在日本の高速道路の最高速度は60㎞/h・80㎞/h・100㎞/hなどがありますが、最新でどのように直線の続く道路であっても、制限速度が100㎞/hを超えることはありませんでした。

しかし、高速道路の制限速度の見直しの議論が行われた結果として、2019年3月1日より2か所の制限速度が現在の100㎞/hから120㎞/hに引き上げられることとなりました。

制限速度が120㎞/hになった区間

①新東名高速道路
新静岡インターチェンジから森掛川インターチェンジの間の約50㎞。

②東北自動車道
花巻南インターチェンジから盛岡南インターチェンジの間の約27㎞。

制限速度が引き上げられるまでの経緯

制限速度が120㎞に引き上げられるまでには、まずは制限速度を一時的に110㎞に引き上げてテストを行う期間が約1年間にわたり行われました。

新東名高速道路では2017年11月から、東北自動車道では2017年12月より制限速度110㎞でのテストが行われていましたので、その時期に110㎞の制限速度を経験された方もおられるでしょう。

運送業許可申請のコンシェルジュの代表者も制限速度110㎞の試行区間も期間中に何度も走行した経験を持っていますので、どのような区間であるかはよく知っています。

非常に広い道幅は当然ですが、長い直線が連続して見通しが非常にいいだけに、120㎞に制限速度を引き上げても、安全だろうと個人的には思っていましたが、予想通り国の方でも安全を確認できたとのことで、3月1日からの制限速度引き上げとなったようです。

制限速度120㎞/hが完全に固定化されたわけではない

制限速度の120㎞ですが、まだ完全に新東名高速道路と東北自動車道の指定区間が恒久的に120㎞になるわけではないことには注意が必要です。

あくまでも110㎞に引き上げた場合の時と同じ試行段階ですので、大きな事故などが多発するようであれば、試行結果を照らし合わせて恒久的な制限速度の引き上げが見送られることもあるようです。

ですが、110㎞に引き上げられた段階の試行期間に指定区間を何度も走った経験のある者としては、120㎞でも問題はあまり起きないと思われますので、最終的には制限速度の120㎞化は恒久的になるのではないかと予想しています。

運送業者やバス業者は制限速度に注意すべし

新東名高速道路と東北自動車道の一部で制限速度が120㎞となったからといって、勘違いしてはいけないことがあります。

それは120㎞の制限速度となっているのは、あくまでも自動車とバイクに限られているということです。

現在でも高速道路の制限速度が80㎞のトラック・バス・トレーラー(牽引車)などは、120㎞区間であっても、制限速度は80㎞もままであることを忘れないでください。

業務中に勘違いしてスピードを出した結果として反則金を取られるなどして、会社の業務に支障がでないように、ドライバーが気を付けることはもちろんですが、会社の中での注意喚起も忘れないようにすることも大切になるでしょう。