『運送業許可申請のコンシェルジュ』代表あいさつ

初めまして、『運送業許可申請のコンシェルジュ』のホームページを閲覧頂きありがとうございます。
代表を務めます『行政書士事務所リヒト』の”伊藤 宗弘”と申します。

運送業は古くからある職種の一つですが、運営をする為には許可が必要になります。
しかし、近年では厳密なルールや厳しい規制も重なり、なかなか十分な知識なしでは申請を通すのが大変になっています。

そのような方の力になる為に、元々大手の運送業者に務めていた知識を活かして開業のお手伝いをさせて頂きたく思います。

きめ細かいサービスと、迅速にサポートできるフットワークの軽さには自信がありますので、お悩みの方は是非お気軽にご相談下さい。


運送業開業をお考えなら運送業許可申請のコンシェルジュにお任せください。

あなたの運送業をいつでもサポート!

運送業許可とは何か?

運送業許可とは、運送業をしてもよいと事業者に国が出した許可のことです。法改正により新しく許可を得るのが難しくなってきているため、運送業許可の価値は上昇しています。
運送業許可を理解してもらうために、運送業の概要と許可を取得するための要件について説明します。

そもそも運送業とは何か?の疑問を解消するために、運送業の概要について説明します。運送業は正式には、貨物自動車運送事業と呼ばれています。
その貨物自動車運送事業は貨物自動車運送事業法で一般貨物自動車運送事業、特定貨物自動車運送事業、貨物軽自動車運送事業の3種類に分けられています。
一般貨物自動車運送事業とは、二輪車や軽自動車を除く自動車を使用して有償で、貨物を運送する事業で特定貨物自動車運送事業以外のものをいいます。
特定貨物自動車運送事業とは、二輪車や軽自動車を除く自動車を使用して有償で、特定の荷主の貨物を運送する事業をいいます。
貨物軽自動車運送事業とは軽自動車を使用して有償で、貨物を運送する事業のことをいいます。

運送業許可の為に必要な要件

運送業許可を取得するため要件は大別すると人についての要件、事務所や休憩室についての要件、駐車場についての要件、車両についての要件、資金についての要件の5つで、全てを満たさなければなりません。

1つめの人についての要件です。
許可を取得するためには最低でも運転者5人、運行管理者1人が必要です。さらに、整備管理者も1人必要ですが、整備管理者は運転者や運行管理者との兼務が可能です。
最低でも必要な人数は6人となります。

2つめの事務所や休憩室についての要件です。
事務所と休憩室は、賃貸や自己所有で確保できていることが必要で、市街化調整区域に建っていないことも必要です。
さらに、仮眠室は2.5平米以上でなければなりません。

3つめの駐車場についての要件です。
駐車場が賃貸や自己所有で確保できていることが必要で、トラックが通行しても交通安全上問題ない場所であることも満たし、車両制限令または道路幅員証明という証明が取れることが必要です。

4つめの車両についてです。
車検証の用途欄に貨物と書かれているトラックを5台以上確保必要があります。
許可申請時に5代以上購入しているのは必須ではなく、購入予定として、売買契約書などが提出できれば許可申請はできます。許可取得後にすべての車両を申請者名義に変更しなければなりません。

5つめの資金についてです。
申請者名義の残高証明書を提出する必要があります。
運送業を開始するのに必要な資金は、役員報酬・従業員給料の2ヵ月分や、事務所・駐車場の賃料の6ヵ月分などの諸経費の合計額となります。

運送業のお手伝いをさせて頂きます

運送業は難しい申請書類などが必要だったり、様々な手続きが必要で許可を取得するのが大変です。
運送業者をサポートする『運送業許可申請のコンシェルジュ』では、最短時間で事業をスタートできるように迅速にサポートを致します。

しかし、運送業はちゃんと準備をしていなければ様々なトラブルや問題を抱えてしまう事も少なくありません。
そこで以前に大手運送業者で勤務していた経験、ノウハウを基に、問題点のチェック、解決策などもアドバイスさせて頂きます。

運送業を始めたいけど何を準備していいか分からない…、これから先運送業を続けていけるかが不安…、どのようなお悩みでも、是非一度お気軽にご相談下さい!

 

事業サービス名 申請報酬額
新規運送事業許可申請 420,000円
利用運送業許可申請書類作成と提出代行 100,000円
営業所新設認可申請 200,000円


バス事業の厳しい運営をサポート

貸し切り旅客バス事業許可とは?

バスを使った事業にはいくつか種類がありますが、ツアー旅行などに使われる貸切バスの事業を行いたいときには許可が必要です。それが一般貸切旅客自動車運送事業許可いわゆる貸切バス許可です。
貸し切りバス許可とは? なぜ必要で、どうすれば取得できるのでしょうか。

許可を受けるに当たっては営業所を設置する場所を管轄する運輸支局に申請をしなければいけないのですが、営業所や車庫、休憩施設、管理運営の形態、運転者、経営状況などの基準を満たさなければならず、取得できたとしても5年毎に更新手続きが必要です。定期的にチェックを繰り返していくことで、多くの人の命を預かる貸切バスが安全に運行されるようにしているのです。
もしも、許可を得ずに、事業を行ってしまうと懲役もしくは罰金、そして自家用自動車の使用の制限か禁止、事業停止といった処分をうけることになります。

貸し切り旅客バス事業許可の申請について

では、申請の流れについて詳しく見ていきましょう。
営業所を管理する運輸試食に許可申請書を提出すると基準を満たしているかどうかの書類審査が行われます。同時に、法人である場合には常勤の役員は法令試験を受けて合格をする必要があります。法令試験というのは安全に事業を管理するための知識が問われるもので、道路運送法や旅客自動車運送事業運輸規則などから試験が出題されます。試験は月に1度行っており、再試験は1回までです。法令試験に合格したならば、無事許可を受けることが出来、許可書が交付されます。
許可申請書を提出してから、許可をもらえるまでの目安はおよそ3ヶ月です。

許可を受ける事ができたら、運賃料金設定届、運行管理者、整備管理者の選任届を運輸支局に提出します。運賃料金設定届は実施する30日前まで提出しなければいけません。
それから運送約款の申請を行いこれの認可を受け、ナンバープレートも取得できたら、事業を開始する事ができます。事業を開始したら最後に運輸開始届を提出です.
貸切バス許可を取得した後に、運輸開始までの猶予期間は6ヶ月以内と定められています。

それから5年毎の更新ですが、安全投資計画や事業収支見積書などの必要書類を提出して審査を受けることになります。このときに、法令試験も再び受けなければいけません。しかし、貸切バス事業者安全評価認定制度で一つ星以上の評価出会った場合には、法令試験は免除されます。
もしも許可の有効期限内に更新をしなければ、審査落ちでも申請し忘れでも許可の効力は失われてしまい、事業を継続する事はできません。

手続きの大変な申請のサポートを致します

近年ではバス運転手の過剰な労働時間が問題視されていますが、それによって貸し切りバスには様々な規制が増えました。
その為、新規でバス事業を始めるには許可を受けるのはとても大変です。

そして、例え事業を始める事が出来たとしても、先ほどの問題視されている労働時間への配慮であったり、事業者は5年ごとに免許の更新が必要であるなど、必要な手続きや考える事がたくさんあります。
普段の仕事だけでも忙しいのに、これは大変な事です。

私はそんな皆ざまの免許取得や運営の為に、様々なサポートを致します。
規制が厳しくなった今でこそ、運営にお悩みの方はまずはお気軽にご相談下さい!

 

事業サービス名 申請報酬額
貸切旅客バス事業許可申請と実地調査 450,000円
貸切バス会社設立+貸切バス許可 505,000円
営業所新設認可申請 450,000円


これからの需要の高まる介護タクシー申請をお手伝い

これから需要の増える介護タクシー許可

日本においては、現在介護を必要とする高齢者が増えており、今後も増加していくであろうと予想されています。
こうした傾向に照らして考えてみると、要支援者や要介護者の方々が、買い物や通院、また公共施設への移動、さらには冠婚葬祭への参加などの目的で介護タクシーを利用することはこれからも一層増えるであろうと考えることができるでしょう。
それに伴って、これから需要が増えると予想されるのが、介護タクシー許可と言えます。

介護タクシー許可を取得するメリット

では、介護タクシー許可を取得して、介護タクシーのドライバーとして働くことにはいったいどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、具体的に幾つかのメリットについて取り上げてみましょう。

介護タクシー許可を取得する一つ目のメリットは、何と言っても、需要が減ることはないという点でしょう。つまり高齢化が進む現代の社会において、介護タクシーを利用する方々は今後も増えていくということです。
そのため、せっかく資格を取得したものの、需要が減って仕事がなくなってしまうのではないかといった心配をする必要がないというのは大きな魅力と言えるでしょう。

また、介護タクシー許可を取得する別のメリットは、公的な介護保険を利用するタクシーであるため、将来的にも安定した仕事を続けていくことができるという点でしょう。同時に、不況にも強い職業であるため、将来のしっかりとした生活設計を立てることができるでしょう。

さらに、一般のタクシーを利用する場合とはやや異なり、介護タクシーを利用する方々の多くがドライバーの人柄などを基準として、安心して乗車できる方の運転するタクシーを選ぶ傾向があると言われています。
利用者によっては、ほぼ毎日のように介護タクシーを利用している方もいます。
こうした方々にとって、信頼できるドライバーを見つけたなら、是非とも毎回そのなじみのドライバーに乗せていってほしいと思うことでしょう。つまり、人柄がよく信頼できるドライバーにとっては、利用者から選ばれる機会が非常に多くなるということです。

加えて、介護タクシーのドライバーとして働くことはたいへんやりがいのある仕事となることでしょう。要支援の方や要介護の方など、体の具合がすぐれない利用者の手助けができると同時に、利用者に喜ばれ、感謝の言葉をかけてもらうことも多いでしょう。こうした場面に遭遇する機会が多いため、実にやりがいのある仕事と言うことができるでしょう。

 

事業サービス名 申請報酬額
一般乗用旅客自動車運送事業(福祉限定)許可申請 198,000円
顧問業務 30,000円


事業所概要

事務所名 行政書士事務所リヒト
住所 広島県尾道市栗原町11660番地8
電話番号 固定:0848-35-5176
携帯:090-7098-9052
営業時間 9時~24時(仕事用携帯のお問い合わせは24時間365日可)
年中無休 土日祝対応可
対応範囲 全国対応
Eメール info@licht1.com